• 衣浦ユーティリティー株式会社

    環境に優しい有機肥料「大地の実りUT」

  • 概要

    コンビナート内各社の電気・蒸気・用水などを

    供給、排水処理、総合防犯、防災システムを担当

    衣浦ユーティリティー有機質資源のライフサイクル

    肥料化システムによる有機質資源のライフサイクル

     弊社では持続可能な循環型社会と地球環境保全のため、排水工程より発生する汚泥を有効な資源として、肥料化に結びつける技術のお手伝いをさせて頂きます。

  • 農林水産大臣賞受賞

    UTコンポ 農林水産大臣賞受賞

    大地の実りUTの推薦状

    吉田重方(名古屋大学名誉教授)

     

     資源の多消費型社会から高度利用型社会への 転換が求められている現在、食品加工産業に おいても製造過程で排出する未利用副産物や 排水汚泥などの廃棄物を再資源化することが 資源高度利用、省エネルギーおよび産業廃棄物 の減容減量化の観点から望まれる。 食品加工産業から排出する排水汚泥は食料製造 工程から排出するものであり、他種産業の排出 汚泥類に比べて重金属混入などの危険性が低く 最も再資源化に適した素材といえる。

     

     当衣浦食品工業団地では1992年以来、産・官・学および地元生産農家が一体となって 同団地から排出する食品排水汚泥を主原料とした農業資材の開発と利用に取り組んできた。 開発されたコンポストは汚泥発酵肥料として登録(商品名:大地の実りUT)され、同地域の 特産物であるニンジンやタマネギをはじめ多くの野菜栽培に利用される地産・地消型資材 として受け入れられている。同肥料は化学肥料と異なり、栽培植物に対する養分給源として 働くだけでなく畑の土づくりも同時に行える優れた特性を有しており、広く利用が望まれる 資材である。